Roast Pork

もうこのまま寒くなるのかと思ったら、夏が戻って来ました!と言っても最高気温25、6度、最低気温13、4度なので日本だと秋ですよね。湿度も低めなので暑いという感じではなく快適です。夫は久しぶりにお庭で本を読んでいました。日本は9月になって急に寒くなったとネットで読むので気温を見てみたら、まだまだこちらよりは気温が高い。

Just when we thought it was going to get cold the summer is back!  I mean, it’s still only 25C or 26C highest and 13 or 14C lowest, which is about the temperature in autumn in Japan, but it is warm for England and my husband enjoyed sitting in the garden with a book.  I read that it’s suddenly gone cold in Japan so I looked at the temperature there, it is still warmer than that here in England.

今日のディナーは、ローストポーク。久しぶりのローストです。イギリスではロースト用のポークは脂と皮がつけたままにしてあり、脂が流れ落ちるように切れ目が入れられてロール状に糸で縛って売られていて、皮をカリカリに焼いたクラックリングというものも一緒にいただくのが一般的。そう言えば、神戸に住んでいた時、外国の方がよく買われるお肉屋さんでお願いすると皮をつけて売ってくださっていました。クラックリングはわたしたちはたくさん食べるわけではなく少し齧るだけなのですが、それでも夫はローストポークにクラックリングがないのはつまらないらしく、お水を加えて蒸し焼きのようにして焼いてみたいのですが(その方がしっとりするだろうと思っています)却下されます。

Today’s dinner was Roast Pork; we hadn’t had it for quite a long time.  Most Japanese don’t know what crackling is and you cannot get pork with skin on in Japan, at least it’s not easy to get it.  When we lived in Kobe, there was a butcher, where many of their customers were non-Japanese, who did sell us pork with skin on if we specifically asked them in advance, though.  We don’t eat a lot of crackling, we just have a few bites but my husband tells me he has to have crackling when we have roast pork.  I have a recipe that I want to use for roast pork but you add some water in the roasting tin so I’m guessing crackling will not come out nicely and he wouldn’t like to try it that way.

クラックリングを上手く焼くにはラップを外してそのまま冷蔵庫で丸1日くらい保存して外側を乾燥させておく必要があります。でないと中途半端に硬くなって、カリカリにならないのです。一度買った当日焼いたら上手く行きませんでした。上手く行けばカリカリになって脂っこくもなく美味しいのですが、上手く行かないとカリカリというよりガリガリで脂っこく(皮だけが剥がれず脂と一緒になる)美味しくありません。

We find that you need to take the wrapping off from the pork, put it in a tray with the skin facing up and let it get dry in the fridge for at least a day before you use it, or the crackling will not work very well.  One time we used pork that we bought on the day we roasted it and that didn’t’ come out well.  When it doesn’t work well, the crackling is a bit tough and fatty rather than light and crispy.

イギリスではローストポークにはアップルソースということになっています。わたしもローストポークはアップルソースといただくのが好きですが、瓶詰めのものではなく、自分でりんごに少しだけお砂糖を足して煮て作ったものの方が好きです。ペースト状にはせず、フォークでちょこちょこっと潰した状態でいただきます。

Here people often have roast pork with apple sauce.  Rather than using one from a jar, I prefer making my own with just a little sugar and not made into paste, just crushed with a fork.

ポークは、以前は一番一般的なロースを使っていましたが、このところ肩肉にしています、肩肉の方が柔らかくて美味しい。付け合わせはポピュラーな外がカリカリで中はふわっとしたローストポテト、人参もロースト(甘くなって美味しい)、ブロッコリーは塩茹で。そして、本来はローストビーフの付け合わせのヨークシャープディング。グレービーをかけていただきます。とても美味しかったです。

We used to buy rolled up pork loin for roasting but we have been buying shouder recently.  We find shoulder is more tender and juicy.  Side dishes are roast potato (crunchy outside, fluffy inside), roast carrot (very sweet and delicious) and boiled broccoli.  We also have Yorkshire pudding, I know it’s supposed to go with Roast Beef but we like it.  Of course we have gravy, too.  Everything was very tasty.

 

05Sep21Dinner1

 

05Sep21Dinner2

05Sep21Dinner505Sep21Dinner6

05Sep21Dinner1.jpg9

 

05Sep21Dinner3

 

05Sep21Dinner4

 

05Sep21Dinner7

 

Leave a Reply