Corner House – Birthday Dinner

昨日はわたしのお誕生日だったので、ボタニックガーデンにある「Corner House」でディナーをしました。以前はもう少しお安いコースもあってもっと行きやすかったのですが、数年前にミシュランの星を獲得して以来強気で、1コースのみになってしまいました。

Yesterday was my birthday, so we had dinner at “Corner House” in the Botanic Gardens. They used to have a few different courses and didn’t used to be as expensive but they stopped the less expensive courses after they received a Michelin star and now have only one set course menu.

昨日、席についてすぐ気になったのが、甲高い子供の声でした。このレストランは、土曜日のランチタイムと日曜日のランチとディナー以外、6歳以下の子供は入れないとレストランを予約する時にサイトに明記されています。泣いているわけではなく、甲高い声で喋っている声が休みなく聞こえてきました。(姿は見えなかったので、離れたお部屋からだと思います。)親がおとなしくさせるかとしばらく我慢していましたがいつまでも響くのでスタッフにお聞きしてみたところ、予約の時に子供のことをおっしゃらなかったので仕方なく、というお答えでした。つまり、子供を連れて行きたければ、予約のときに何も言わなければ通るようです。なんのための規則なのでしょう。ミシュランの星付き、お安いレストランではないので雰囲気代も入っているわけで、だからこそ作られた規則のはずなので、守っていただきたいものです。

The first thing that bothered us when we sat at our table was a high pitched child’s chatting voice. This restaurant clearly states in their website when you make a reservation that children younger than 6 years old are allowed only on Saturday lunch time and Sunday dinner and lunch time. The child was clearly younger than 6 years old, not crying, just talking very loudly. We hoped her or his parents would do something about it but it kept on and on and eventually we asked one of the staff if their policy had changed. The staff told us that the customer didn’t mention the child when they booked so they couldn’t do anything about it. So, if you have a child younger than 6 years old but you would like to take him or her with you and dine at this restaurant, you can just not mention it when you make a reservation and turn up with the child and they will let you dine. It does not make sense to me. This restaurant is very expensive, we are paying for the atmosphere as well as for the food. They obviously know this and make the rule not to let younger children come in but bend the rule? Yes, I do understand they’ll lose the reservation if they turn them down and it’s awkward to tell the customer, but didn’t they make this rule for a good reason?

さて、気を取り直して。パンは2種類。不思議な置き方(笑)。上のパンはデニッシュのようなパン、五香粉?八角?そういう系の香りがしました。フランスパンは多分スライスしてからオーブンで温めているのでしょう、結構パサついていて残念でした。

Anyway, we tried to ignore the noise as much as we could to enjoy the meal. They served us 2 kinds of bread – an unusual way of serving them. The top bread is like a Danish pastry with some spice like Chinese Five Spice or star anise, that type of spice. French bread, I guess, is warmed up in the oven after being sliced so I found it quite dry.

アミューズ4種類。鴨の足の形の器(わたしたちにはグロテスクに感じられましたが、普通は面白いと思うのでしょうか)にのっているのは、ホワイトチョコレートの中にフォアグラと何か(ほぼ液体)を詰めたもので、甘くてデザートのようでした。細長いのは、ダックリエットにグリエールチーズをのせて焼いたもの、わたしはダックが苦手なので少し味見して夫に。その下は、ココナッツ風味のお団子の中に胡麻ソースを詰めたもの、これはもう、完全にデザート。もう1品は、夫には何かお魚系、わたしには赤いアセロラとローズのゼリーが出て来ましたが写真を撮り忘れたみたいです。全体に甘いものが多かった。

Then they served 4 amuse. The white balls on the duck-leg-shaped pottery (to us they seemed quite grotesque but maybe we are strange) are white chocolate filled with foie gras.

1品目、上がわたしに出てきたキュウリの前菜だったのですが、貝殻の形の器に入っていて、その上、貝殻の上にワカメを敷くというプレゼンテーション。この前菜は、ベジタリアンコースの前菜なのに、こういうプレゼンテーションはいかがなものか。わたしだけがそう思うのでしょうか?わたしは貝もお魚も大嫌いで見るのも嫌ですし、匂いはもっと嫌なのです、でもこの貝殻やワカメから磯臭い匂いがプンプンしてきて。。。ベジタリアンではない普通のコースではここにオイスターがのるので意味をなしますが、なぜベジタリアンのキュウリの前菜を貝殻に。。。器の形だけなら良いのです、でも、本物の貝殻をのせてほしくなかったです。普通のコースからオイスターだけ抜いていただいたのならわかるのですが、ベジタリアンコースの1品なのですから、違う器にしていただきたかったです。

The first proper dish for me was some cucumber dish. It was in a shell-shaped dish (at least I hope it was that rather than a real shell), which was on a bed of seaweed, which was on top of real oyster shells. I can understand them using this presentation if I chose an ordinary dish (which has oyster with cucumber) and asked them to omit oyster because they may not have an alternative idea, but my dish was from their vegetarian menu. I really really hate fish and seafood, I don’t like seeing them and I hate the smell of them. From the shells and the seaweed, fish smell was coming off and it sort of killed my appetite. I wouldn’t have minded it as much if there weren’t any real shells but just seeing the shells give me the creeps. Yuk! I think it is very insensitive of them to use shells for a vegetarian course dish.

白いのは、クレームフレッシュ(だったかな?何か乳製品)を瞬間冷凍したような粉で、その下にキュウリの前菜が隠れているのですが、この粉の真下のキュウリは凍ってしまい、口に入れたら舌にくっつきました。。。味付けは、これもまた甘くて、あまり好みではなかったです。

The white powder is some frozen and powdered dairy (I think they told me it was creme fresh but not sure), which sort of made the sliced cucumber underneath frozen and stick to my tongue, not so pleasant.

夫は、ロブスターとキャビアの前菜でした。

My husband’s 1st dish was Lobster and caviar.

次はポークの1品の予定でしたが、お魚の出汁が使われているということで、ベジタリアンコースの玉ねぎの1品になりました、これは夫もわたしもです。可愛らしいゴールドの玉ねぎの形の器の底に玉ねぎをじっくりと甘く炒めたものが入っていて、その上に温泉卵風のものとクリーミーな泡状のもの、その上にカリカリのバーリー。これも、玉ねぎが甘いので全体に甘い味付けです。最後の写真は、玉ねぎのチップス。これもかなり甘かったです。

The next dish was going to be pork but they came back to tell us that they changed it to an onion dish because the pork dish uses some fish stock, this is also from a vegetarian course – this time it was for both my husband and I because my husband asked them to change the 2nd dish to pork. In the cute onion-shaped gold dish, there was some caramelised oion, then onsen tamago (egg cooked at a certain temperature), some creamy form and crispy barley. I did enjoy this dish but as the onion is caramelised, this was also quite sweet.

次は、夫は鱈とチキン。

The 3rd dish for my husband was Cod & Chicken.

わたしはアンディーブをいろいろな調理法で調理したもの。詳しくは忘れてしまいましたが、3、4種類の方法で調理されたアンディーブでした。美味しい、というよりも、とても趣向を凝らしてあって面白い1品でした。

Mine was an endive dish – I don’t remember exactly in what way but endive was cooked in various ways. It was very interesting although I cannot say they tasted ‘wow’.

メインは2人とも、鳥山和牛。結構脂っこく感じましたが、幸いほんの少しだったので美味しくいただきました。焼いた葡萄と銀杏が添えられていました。

Then the main is the same for both of us, Toriyama Wagyu. It was quite fatty but we enjoyed it, and fortunately for me, it was very small. Served with grilled grapes and ginko nuts.

プレ・デザート。クリームは、バラの香りでした。お花の香りの食べ物はあまり得意ではないのですが、これはあまりきつすぎなかったので美味しくいただけました。赤いのがなんだったのか思い出せない。。。何かのソルベでした。ランブータンも使われていました。

Pre-dessert. The cream was scented with rose. In general, I’m not a fan of flower-scented food but this wasn’t too strong and was enjoyable. There was some rambutan in there somewhere, I cannot remember what the red ones were but some sort of sorbet.

デザート、夫にはカヤトーストをシェフ風にしたもの。わたしはカヤ(パンダンリーフ)が苦手なので、別のデザートにしていただきました。子石というタイトルのもので、石のように作ってあるものは中にチョコレートムースが詰まっていて、バナナも使われていました。きのこはメレンゲ。とてもかわいいプレゼンテーションですが、チョコレートムースが結構ヘビーで、半分夫に食べてもらいました。

The dessert was Kaya Toast in Chef’s way. I don’t like Kaya (pandan leaf) so I asked them to serve me another dessert. Mine was “Pebbles”. The ones that look like pebbles were filled with chocolate mousse, there was some banana and the tiny mushrooms were meringue. Lovely presentation, but one “pebble” was enough for me because the mousse was quite heavy, so my husband had the other one.

プティフール3種類。白いボールの中身は、ジャックフルーツのなにか。わたしはジャックフルーツは苦手なので手をつけず、夫はジャックフルーツを食べたことがなかったのか忘れたのか、食べてから「うわっ!なにこれ?」と嫌な顔をしていました。だから、言ったのに。その下は、塩卵のクリームを挟んだマカロン。1つしかないのは夫が食べてしまったから。塩卵もわたしは苦手なので、これも夫が食べました。最後は、カヌレ。カヌレは文句なく美味しかったです!カリッ、サクッ。

Then 3 petit-four. White balls were filled with jack fruits. I cannot stand jack fruit so I didn’t eat it. My husband didn’t seem to know what it was, ate it and hated it. Then macaron with salted egg filling – again I don’t like salted egg so I didn’t eat it but my husband seemed OK with it and ate both of them. The last one was canele. They were delicious! Crunchy, crispy outside, softer inside, caramelised flavour. Yummy!

正直な感想は、一番美味しかったのはカヌレでした(笑)。これは、買えるなら買いに行くおいしさでした!

To be honest, the best thing of the dinner was caneles! I would go to buy them if they sell them!

このレストランは日本には余りなさそうなシンガポールらしいコロニアルな雰囲気があって、雰囲気はとても好きです。食事は、ミシュランの星がついているくらいなのでお料理の技術はもちろんしっかりしていますし、とても凝ったお料理で、プレゼンテーションも(今日のキュウリの前菜のプレゼンテーションは苦手でしたが)素敵。特に塩辛すぎるなど味が悪いものもありません。ただ、いつも思うのですが、「おいし〜〜!」と唸るほど美味しいものもほぼありません。贅沢な気分を味わえて、盛り付けも楽しめて、そこそこ美味しい、という感じです。夫は「まぁ、お料理は悪くはないよね。」と言っていましたし、そう思いますが、そのレベルでこのお値段は高いな〜、と思ってしまいます。赤ワイン1本、ガス入りのお水1本を入れて、720ドル(56000円)。特別感はあるので、シンガポールではこのお値段も仕方ないのでしょうけれど。。。最初に子供の声が響き渡っていたもあり、シンガポールの人は甘い味付けが好みなのか、お料理が全体に甘くて味にアクセントがないように感じたこともあり、特に今日はそのように感じました。

This restaurant has a lovely colonial atmosphere, a type of a place we probably cannot find in Japan, so I do like it here. In terms of the food, of course technically their cooking is of a very high standard, very time-consuming, and presented beautifully. Nothing was too salty or tasted bad. However, I have to say, their flavour doesn’t wow me. I never say “Wow, yummy!” (other than canele, that is). It’s one of rare restaurants in Singapore, where I expect the food not to be bad, I can enjoy the decor, service, the presentatio. When we finished the dinner, my husband said, “Well, the food here isn’t bad, is it?”. That’s the level of their cooking to us. Yes, it’s not bad but when you pay this much money, I feel it should wow us at least with one or two dishes. Their wine list is great but all their wine is expensive. So, including 1 bottle of red wine and 1 bottle of sparkling water, the bill was S$720. The restaurant does have the feel of somewhere ‘special’. so I guess for Singapore we cannot complain about the price but I cannot help comparing it to other places… I think also the dinner yesterday was more sweet than usual (I think Singaporeans like sweet taste, I notice that a lot of restaurants season their dishes sweeter than I like) and there wasn’t much of accent like herbs or spices, so not quite what I tend to enjoy.

たまたま昨日は全体に甘いお料理が多かったこともあり辛口になってしまいましたが、シンガポールには特別感があっていつ行ってもお料理がそこそこ美味しい、という特別な日に行きたいレストランが少ないので、シンガポールに住んでいればまた行くと思います。ただ、シンガポールを離れてから「あのレストランに行きたいな〜」と思いを馳せるレストランではないように感じます。

I struggle to think of restaurants in Singapore that serve consistently good food and have some sort of special atmosphere, so we’d still be going there if we lived here, but it’s not a restaurant we will miss when we move.

Corner House
Botanic Gardens
1 Cluny Road (Nassim Gate Entrance)

Tel : 6469 1000

2 Comments Add yours

  1. お誕生日おめでとうございます💐
    ラグビーの試合経過をチェックしたらしたのはバースデーディナーだったんですね!
    イングランドも日本も勝って、noodleさんのお誕生日に華を添えてくれてよかった〜!
    でもせっかくのバースデーディナー、いろいろと残念。
    お料理の味はともかく、子供の叫び声とは非日常ぶち壊し。
    その辺はレストラン側としてもきっちり断って欲しかったよね。
    シンガポール最後のバースデーディナーがちょっと残念だったような気もするけれど、ある意味シンガポールらしくもあって、思い出にはなるかも(笑)。
    もう一度。
    Happy Birthday !
    キラキラでたくさんの1年になりますように♡

    1. Noodle says:

      ありがとうございます!

      そうなのです、
      それでなくてもですが
      子供はいないはずのレストランなので尚更です。
      シンガポールはどこに行っても子供がうるさい可能性があるので
      (子供に甘いのです)
      このレストランはその可能性がないはずなのも良い点なのに。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s