Guy Fawkes Night

今日は、住んでいる小さな村で「ガイ・フォークス」の花火があがっていました。イギリスでは花火は夏ではなく、11月5日、またはその日に近い週末にあがります。ガイ・フォークスというのは17世紀初めに国会議事堂爆破陰謀事件の実行犯の1人で、陰謀は未遂に終わり、実行犯は拷問を受け、ロンドン中引き回しの上四つ裂きにされたそうですが、その後陰謀が未遂に終わったこと、政府の平和を祝って11月5日にボン・ファイヤーで洋服を着せた人形を焼いて花火を揚げるという習慣になっています。人の洋服を着せた人形を火炙りにするのをみんなで眺めるという、わたしから見るととても残酷なことのように感じられ好きにはなれないイベントですが、英国の人はそんな風には感じていないみたいで、子供たちと一緒に楽しまれるようです。

We saw some fireworks today because it was a Guy Fawkes Night today in this little village.  (You can find the explanation on Guy Fawkes here.)  Watching a doll with clothes on being burned  seems such a cruel thing  but people here don’t seem think so.

若い頃、英語を勉強しにイギリスに来てエクセターに住んでいた時に初めて知ったイベントですが、花火が上がるというのでお友達数人と楽しみに行ってみたら、盛大な夏祭りの花火を見て育ったわたしたちには「これで終わり?」と思ってしまう程度の花火でしたが、田舎に住んでいる今は楽しく眺めました(笑)。イベントが行われている場所には行かなかったのですが、我が家のお庭のすぐ裏側あたりだったので家の中から眺めることが出来ました。

I learned about Guy Fawkes Night when I was living in Exeter when I was young learning English and I remember going to the event with my friends to see the fireworks, but as we are used to spectacles of fireworks in Japan (mainly in the summer), I must say we weren’t impressed.  However, now that we live in a small village where nothing much happens, it was quite nice to see the fireworks tonight! We didn’t go to the event venue but we were able to see the fireworks right behind our garden.

 

 

 

Leave a Reply