Holiday In Cape Town & Eastern Cape / La Colombe

ケープタウンに行くにあたって特に美味しくて予約が取りにくいと言われているレストラン3つには、早めに予約を入れていました。すでにアップしている「The Pot Luck Club」、近いうちにアップする予定の「Beau Constantia」、そしてこの「La Colombe」。アップしなければと思いつつ、写真の数が多く、何を食べたのか思い出すために写真に撮っておいたメニューと照らし合わせながら書かなくてはいけないので面倒で先延ばしにしていました。

Months before our trip to Cape Town I booked tables in 3 restaurants there, which are supposed to be specially good and hard to get reservations at.  One is “The Pot Luck Club” , which I had already blogged, one is “Beau Constantia”, which I will blog soon, and this one,  “La Colombe”.  I kept putting this one off because there are so many photos and I have to find out what each dish was and try to remember what they tasted like – though I haven’t done very well with that.

18Nov18Lecolombe

レストランの扉をあけると、こんなものが待っていました(笑)。なんだかった思い出せないんのですが。。。ライチっぽいカクテルのようなものが入っていたような気がしますが。。。面白い趣向とは思いますが、ちょっと微妙。木や植物はちゃんと洗ってあるのか、なんてことが気になるわたくしです。

As soon as you get into the restaurant, this was waiting for us.  aperitif on a tree.  Not sure what they were, I think there was some sort of cocktail in each edible capsule.  I supposed it’s fun, though seems a bit much…?  Hope they washed the tree and these plants….

18Nov18Lecolombe2

18Nov18Lecolombe3

18Nov18Lecolombe4

メニューには何かかかれていないのですが、アミューズ。チョリソーと。。。?(笑)。塩辛かったのは覚えていますが。。。

I did take a photo of the menu of the course we had, but all it says is “snack”.  Oh dear…  This was chorizo and … ummm.. I don’t remember.  I do remember it was very salty for me.

18Nov18Lecolombe5

18Nov18Lecolombe6

これもまたメニューにはスナックとなっているだけで書かれていないのです。写真を撮ったからと安心していたら、こんなことに。さっぱり思い出せません。

Again this is also a part of “snack”.  Some sort of mini tacos but I don’t remember what.

18Nov18Lecolombe7

18Nov18Lecolombe9

で、やっとメニューに書かれている1品目。と言っても La Colombe 風のトマト、としか書かれていない〜(笑)。わたしはベジタリアンコースをオーダーしたのですが、ベジタリアンではない普通のコースは、この缶詰の中にツナのお料理が入っていて、器が缶なのでツナ缶という趣向なのでした。トマトではあまり意味がないですけど、面白いといえば面白い。どこか、他のレストランでも1度あったような気がします。

Now, the 1st dish.  It does say what it is on the menu but it says “Tomato La Colombe”.  We ordered their vegetarian course and this one would have been a tin of tuna if it were on the non-vegetarian course.  Tin in tomato doesn’t quite work but I suppose it’s still fun.  I have a feeling I’ve had a tin of something in another restaurant.

18Nov18Lecolombe10

中身は、あまり味を覚えていません。トマトとチーズ、ですね。

Again I don’t remember much about it but it looks like tomato and cheese?

18Nov18Lecolombe11

2品目。「スモークしたカリフラワーの茶碗蒸し(スタッフの方の発音がかなり間違ってましたけど、直してあげるべきなのかどうか微妙ですよね、直しませんでした)、カリフラワーのキャラメリゼ、セロリアック、水くわい、生姜」と書かれています。茶碗蒸しとは全然違いましたね〜。とても塩辛かったのであまり食べられなかったのを覚えています。

The 2nd dish.  “Smoked Cauliflower Chawanmushi, caramelised cauliflower, celeriac, water chestnut, ginger”.  It wasn’t at all similar to “chawanmushi” as we have in Japan.  The staff pronounced “chawanmushi” very wrongly and I did consider telling her but I didn’t, I thought it may come across as being rude.  I do wish they pronounced Japanese words a little closer to the real ones in many restaurants, though.. Anyway, this one was particularly salty and I wasn’t able to eat much.  The staff did offer to serve me something else but I declined as there are so many courses anyway, I couldn’t have eaten more!

18Nov18Lecolombe12

18Nov18Lecolombe13

18Nov18Lecolombe14

パッションフルーツ味のお口直しでしたが、大量のドライアイスが滝のよう。ドライアイス、多すぎません?ちょっと笑っちゃいました。

Palette cleanser – some bubbles that tasted of passion fruit.  So much dry ice, it looked like a waterfall.  It sort of looked too much but I guess they intended it to be so because everyone else was getting the same.

18Nov18Lecolombe16

夫もベジタリアンにしたのですが、1品だけビーフのお料理に変えていただきました。トウモロコシの子供みたいなのをテーブルの上で炭火で焼く、という趣向。

My husband also had the vegetarian course except one dish – he had a beef dish instead of one of the vegetarian ones.  They brought this Japanese charcoal grill so they can grill the baby sweet corn on our table.  I guess it’s very interesting for non-Japanese.

18Nov18Lecolombe15

「牛の胸腺、チポトル、ビーフのロース、トウモロコシ、バターミルク、コリアンダー」

“Sweetbread, chipotle, beef sirloin, sweet corn, butter milk, coriander”

18Nov18Lecolombe17

夫のビーフの代わりは、「アンディーブのロースト、ハーブニョッキ、りんごのキャラメリゼ、ネギ、ブラタチーズ、焦がしたセージ」ニョッキがカリッ、もちっとして美味しかったのを覚えています。

Mine was “Roasted endive, herb gnocchi, caramelised apple, leek, buratta, burned sage”.  Gnocchi was very nice – crispy outside and chewy inside.

18Nov18Lecolombe18

「ラザニア、ヨルサレムアーティチョーク、スイスチャード、サルサ・ベルデ、パインナッツ」。

“lasagna, Jerusalem artichoke, creamed swiss chard, salsa verde, pine nuts”

18Nov18Lecolombe19

デザートはチョイスが2つあったので、1つずつオーダーして少し交換しました。こちらは、「スモークしたグリエール、ルバーブ、ピーカンとシェリーに漬けた玉ねぎ」。

There were 2 choices for dessert so we ordered one each and sort of shared them.  This one is “smoked Gruyere, rhubarb, pecan & sherry pickled onion”.

18Nov18Lecolombe120

「パイナップル、ココナッツ、ピニャコラーダ、ライチ」。

“Pineapple, coconut, pina colada, lychee”.

18Nov18Lecolombe22

プチフール。綿菓子付き。

18Nov18Lecolombe23

以前も書きましたが、南アフリカの方は濃い味がお好きなようなので味が全体にかなり濃く、日本人には濃すぎたのと、酸味が強いものもいくかありあまり好みではなく、すごく美味しいと思うものはなかったですが、技巧と趣向を凝らしたお料理で演出(ちょっとやりすぎ感はありましたが)としては楽しいものがいくつもありましたし、素材の組み合わせも斬新だったり日本の素材や料理方法、韓国の素材なども取り入れられていて、面白いと思います。

As I wrote before, people in South Africa like their food much more seasoned than Japanese so most of their food was a little too salty for me.  I cannot remember which ones but I think some of the dishes were very sour as well.  I cannot say I found any of them particularly delicious but I can see they use all sort of techniques, and the presentation was very interesting (though sometimes seemed to go a little too far to me).  Some of the combinations of the ingredients were radical and interesting – did not always work for me – and they seem to be introducing a lot of ingredients or techniques from Japan and Korea.

わたしたちは長い方のコースを選んだのですが、周りを見ているとわたしたちに出てくる速度が周りのテーブルに比べてかなり遅く、わたしたちよりずっと後にいらした方達がどんどん終わっておられました。ベジタリアンコースだったからかもしれませんね。最後の2、3品は待ちくたびれてしまい、長いコースにしたのを後悔しました。ケープタウンに到着した翌々日くらいだったので時差もあり、眠かったです。

We took the longer course and we were looking at other tables while we were waiting for our food, they seemed to be taking much longer to serve us than others – we guessed it was because we chose the Vegetarian course.  We were quite tired of waiting by the time we were at the dessert course or even before.  It was on our 2nd or 3rd day in Cape Town so specially with the jet lag we were very sleepy by the end of the dinner.

ただ、サービスはとてもプロフェッショナルでフレンドリーでもあり、一流の気持ち良いサービスでした。お会計は、280ドル!シンガポールで食べたら多分600ドルくらいはすると思います。

However, the service was professional and friendly at the same time, one of the best services we experienced in Cape Town.  Also it was so inexpensive – equivalent to S$280!  In Singapore I would say it would have been at least S$600.

La Colombe
Silvermist Wine Estate
Main Road
Constantia Nek
Cape Town, 7806
South Africa

Tel:+27 21 794 2390

2 Comments Add yours

  1. ほんと、お料理もお皿も「和」が取り入れられているのね。
    私もヨーロッパのあちこちで鰹節を使ったお料理とか(ツナと説明されたり。笑)、お醤油のスプーマとか和皿とか。
    流行りもあるだろうし、日本人のシェフもきっと活躍してるんだろうな〜と。
    いろんな演出は楽しそう!(笑)

    1. Noodle says:

      そうですね、最近高級レストランでは「和」っぽい食器を使っているところが多いですし、出しとかこんぶとか海苔とか、他にもたくさん日本の食材が使われています。もっと最近の流行りは韓国料理の食材(キムチとか)でしょうか?シェフの皆さん、常に新しいものをと工夫されているのだなと思います。

      ただ、使い慣れていないのでお醤油にしてもお味噌にしてもたくさん使いすぎて、塩辛すぎることが多いです。それに、やはりお醤油味やお味噌味のフレンチより、もっと隠し味的に使うほうが美味しいと思うのですけど。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s